Archive for admin

柚子が見事に実った

2015/12/19

柚子の色気

DSC_0311DSC_0308

 

 

 

 

 

DSC_0307DSC_0306

 

 

 

 

 

 

年末もあと少し。お正月用の料理に使う柚子が見事な色になった。今年は柚子の当たり年、毎日朝の挨拶に柚子の顔を見る。若い女性の色気を感じる。

2015柚子の秋

2015/11/10

我が家の柚子

DSC_0583DSC_0589

 

 

 

 

 

DSC_0593DSC_0295

 

 

 

 

 

 

今年も我が家の柚子が実をつけた。青く若い実は、6月8日の絵、黄色く色づき柚子らしくなったのが11月8日。木が若いためか、肥料が不足しているのか分からないが、着いた実の型が小さい。一年おきに生り年になる柚子、今年は一杯実を付けた、鍋料理に登場する日も近い。

2015北海道旅行

2015/09/09
札幌へ

conv0372conv0371

 

 

 

 

 

DSC_0056

conv0434

 

 

 

 

 

 

成田発の1番機ジェットスターに乗って、北海道旅行を兼ね、苫小牧に住む娘夫婦を訪ねる旅に出た。成田は雨が降っていたが、北海道の空は良く晴れて我々を歓迎してくれた。千歳空港から電車で札幌へ、美しい大道り公園の景色を楽しんだ。赤レンガで有名なサッポロビール工場の店で、本場のビールを堪能した。第一泊は定山渓ビューホテルにとった。

2015/09/10

大雪山国立公園 層雲峡

DSC_0082DSC_0081

 

 

 

 

 

 

北海道の屋根とも言われる層雲峡のチョーヨー・リゾートホテルに第2泊をとる。美味しい料理を楽しむ。

2015/09/11

黒岳へ

DSC_0091

DSC_0093

 

 

 

 

 

 

黒岳(くろだけ)北海道大雪山系の秀峰として人気のある、標高1948mの山を目指してケーブルカーに乗った。山登りではなく、山見物と言ったところだ。

ロープウエイ

DSC_0095

DSC_0096

 

 

 

 

 

DSC_0103

DSC_0106

 

 

 

 

 

 

若い頃、スキーで経験したロープウエイに50年振りに乗った。82歳の年寄りが乗るマシーンではない。ぶら下げた足が震えた。ロープウエイ終点にある案内板で多くの山々が表示されている。続々と登ってくるロープウエイ女性客の赤いウエアが美しく映える。

ミニ登山

DSC_0112DSC_0114

 

 

 

 

DSC_0115DSC_0116

 

 

 

 

 

ケーブルカー・ロープウエイとマシーンを頼りに山を登って来たが、ロープウエイ終点から山頂までは、自分の足で登ることになる。係員に頂上までの時間を尋ねたら、俺のことをジロジロ見ながら、1時間半はかかるでしょうと、疑わしそうな目で教えてくれた。約20分ほど登った所で登頂を断念した。若い本格的な山男の邪魔をしないように退散した。スニーカーで登れるほど甘い山ではない。足を痛めるまえに退却して正解だった。

山を下りる

DSC_0131

DSC_0134

 

 

 

 

 

DSC_0139DSC_0142

 

 

 

 

 

 

ケーブルカーで山を下りる。綺麗な花壇の前で一休み。層雲峡温泉、第2泊。山は静かに陽を落としていった。宿泊、朝陽リゾートホテル。

2015/09/12

再び札幌へ

DSC_0145DSC_0147

 

 

 

 

 

DSC_0150DSC_0151

 

 

 

 

 

 

層雲峡温泉からバスで札幌に帰って来た。札幌の街は、「さっぽろオータムフエスト2015」と銘打ったイベントで賑わっていた。

2015/09/16

登別マリンパーク

DSC_0173DSC_0192

 

 

 

 

 

DSC_0204DSC_0212

 

 

 

 

 

 

娘たちの案内で、登別マリンパークを見物した。水族館で多くの魚たちと可愛いペンギンに会い、見事な演技のドルフインショーを満喫した。北の海、生きとし生けるものの限りない命の躍動を感じる。

地獄谷・大湯沼と天然足湯

DSC_0219DSC_0228

 

 

 

 

 

DSC_0230DSC_0232

 

 

 

 

 

 

大湯沼、文字どうりお湯の沼。天然温泉の大きさは、周囲1Km、深さ22m、表面温度50℃、最深部130℃と案内板に表記されていた。まさに天然温泉。入浴するには少しばかり熱すぎる。沼から流れた熱湯が、川の水で冷やされ、お風呂の温度になって流れている。多くの人が足湯を楽しんでいた。「野性の熊がいます、注意して下さい」の看板がある、熊は人を見分けることが出来る。誰が1番美味しいか。決して俺ではないことを。

登別温泉

DSC_0239DSC_0247

 

 

 

 

 

 

北海道を代表するとも言われる人気のある温泉。昭和45年(1970)北海道勤務だった約半世紀前。37歳の若い頃、何度か訪れた記憶がある。有名な熊牧場があり、観光客にも絶大の人気がある。

2015/09/17

倶多楽湖

conv0421conv0422

 

 

 

 

 

支笏洞爺国立公園の中にある神秘の湖、クッタラ湖。アイヌの言葉から命名されたと聞く。周囲8km、水深148mの丸い湖。火山の噴火で出来たカルデラ湖で、水の透明度は、北海道トップクラスとか。

倶多楽湖にて

conv0424conv0425

 

 

 

 

 

conv0427conv0429

 

 

 

 

 

 

まさに神秘な湖。資料の空中写真を見ると、山に囲まれたすり鉢のような姿をしている。鏡のような水面に、緑の山と青い空が映る。交通の不便もあり、恵まれた気候でないと来ることが至難な場所とか、よくぞ連れてきてくれた。大感激、大感謝です。

千歳空港にて

conv0430conv0432

 

 

 

 

 

 

北海道旅行、9月9日から、17日までの9日間、娘たちの配慮で北海道の夏を楽しんだ。定山渓、層雲峡、登別と、北国の豊かな温泉で命の洗濯も出来た。またの日を願って、千歳から東京へ飛んだ。

 

 

薬師池公園

2015/06/14

紫陽花

conv0359     conv0358

conv0369     conv0360

梅雨空の雲は明るく雨の心配はない。日曜日とあって多くの人が公園を訪れた。梅雨時の花を代表する「アジサイ」が見事に咲き誇っている。赤、白、青と打ち上げ花火のように綺麗だ。

かわせみ

conv0361     conv0362

conv0363     conv0370

空飛ぶ宝石とも言われる美しい色の鳥「カワセミ」が、薬師池の人気者になっている。水面上に伸びた枝に止まって小魚を狙う。多くの人がカメラを構えシャッターチャンスを待つ。残念ながら小魚を捕らえる瞬間は撮影出来なかった。

花菖蒲

conv0364     conv0365

conv0368     conv0366

いずれがアヤメかカキツバタと言う言葉がある。花音痴の私には困った花だ。色とりどりの花しょうぶが見事に咲いている。笠をかぶって花の手入れをしている女性の姿が、日本の美しい風景を編み出している。

ぐみ

2015/06/09

梅雨入りの一日、雨はあがったが厚い雲が残る。今年も盆栽の俵ぐみが実をつけた。もっと一杯なっていたが、いつの間にか鳥に食われて少なくなった。毎年悔しい思いをする。

conv0355      conv0357

2015・小田原城

2015/05/25

conv0353      conv0354

久しぶりで小田原を訪ねた。目的は,魚国のお刺身御膳。少々高いが人気のある有名店。腹満足で小田原城を見物した。何回も来ている観光地なので新鮮味はないが、日本建築の粋を城の美しさに見る感がある。家族ずれの微笑ましいスナップを見て、遠く過ぎた過去を想い出す。のんびり散策後、小田原名物魚の干物と、人気抜群の餡パンを購入した、どちらも有名な人気店である。

町田ぼたん園

conv0344     conv0345

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と、古く良き時代の美しい日本女性を花に例えた言葉がある。その、美しい花「牡丹」を尋ねた。4月29日祝日、町田ぼたん園は多くの人で賑わっていた。敷地、16.000m2、東京ドームより少し大きい。現在、331品種、1730株の牡丹が咲き誇っている。

conv0343     conv0346

園内は網の目のような通路が張り巡らされ、全ての花に名前のプレートがつけられているが、あまりの多さに頭がついていかない。

conv0347    conv0348

歩き疲れ、花の名前で混乱した頭を癒すため静かな場所でお弁当にした。やはり、「花よりダンゴ」と言ったレベルなのか。

conv0349     conv0350

洋風の花、チューリップ畑なら、広く青々とした芝生の背景がベストだが、日本美人の花、牡丹には日本庭園が似合う。色鮮やかな花の中に、くすんだ色の山門や建屋が配置され、日本人にしか分からない暗号のような「ワビサビ」を感じる。日本に生まれ、今、ここにいることの幸せを思う。

conv0351     conv0352

広い園内には、子供達の走り回れる広場がある。5月の鯉のぼりが元気よく空を舞う。お母さん達には、薄紫の藤棚の花が日陰をつくる。一人、500円の入場料は決して高くない楽しい一日だった。

 

 

2015つつじ

conv0339      conv0340

未だ4月28日、春を何処かに忘れてきたような暑い夏日になった。今年も公園のつつじが見事に咲いた。圧倒的な赤と白の中に、可愛いピンクの花が頑張っている。花の命は短い、この時を、今を、輝いてくれ。

conv0342      conv0341

2015すずらん

conv0337     conv0336

厳しかった冬が過ぎて太陽が一杯の春になった。今年も我が家の小さな庭に鈴蘭が戻ってきた。去年の春より株数を増やして可憐な姿を見せてくれた。何故か花が小さい。栄養が不足してる。「自分ばかりお酒の栄養をとって、お花に肥料をやらないから」と妻に言われた。

conv0338     conv0335    

麻生川の桜(2)

conv0331     conv0332

今年の桜はいつもより早く咲いた。そして見事に晴れ上がった青空に映えた。一気に咲いて一斉に散る。「咲いた花なら散るのは覚悟」と、70年前、太平洋戦争末期、桜咲くころ、若い命を特攻機に託して散っていった多くの若者を忘れてはならない。世は、まさに平和。この時代に生きている幸せを感謝しよう。(写真・03/31撮影)

conv0333     conv0334